シュノーケリングに必要なアイテムのまとめ!必要なものを知っておこう

シュノーケリングに必要なアイテムのまとめ!必要なものを知っておこう

この夏からシュノーケリングを始めるシュノーケル初心者向けに、必要な道具をまとめました。

私もこのこれまでレンタルしていたのですが、毎回レンタルすると費用も馬鹿にならないので一式購入しました。

「必要なもの」、「できればあるといいもの」に分けてご紹介します。
安全のためにも必要な道具を知っておきましょう。

 

必要なもの

水着

まずは水着が必要です。
基本的には何でもいいと思いますが、ウェットスーツを着る場合は、競泳用のような体に密着する水着を選ぶと着やすくていいと思います。
ラッシュガードを着る場合は、好きな水着を合わせましょう。

 

 

シュノーケル、ゴーグル

シュノーケル、ゴーグル

大体の場合は、シュノーケルとゴーグルがセットで販売されています。
ゴーグルはプラスチックの素材が安いのですが、ガラスの方が傷つきにくくなっています。

シュノーケルは口に含むものなので、ノーケルだけでも持っていたほうがいいと思います。
シュノーケルは購入後に食器湯洗剤等で洗って使用しましょう。

不良品を除いて、安物でも一度買うと中々壊れないと思います。

 

ラッシュガード

一日中炎天下の下にいると、いくら日焼け止めを塗っても日焼けてしまいます。
あまりに酷い日焼けになると火傷に近い症状になります。
ラッシュガードは、怪我の防止以外にも日焼け止め対策になります。
ウェットスーツを着る場合は必要ありません。

 

 

あるといいもの

シュノーケリングベスト(ライフジャケット)

シュノーケリングベスト(ライフジャケット)

泳ぎに自身がある人は無くてもいいかもしれませんが、あると無いとでは段違いです。
多少の波があっても浮くことができるので、あると疲れにくくゆっくり海中を見ることができます。
浮き輪よりもシュノーケリングベストがオススメです。

耐久性に難はあるかもしれませんが、最近は折りたたみができる着る浮き輪のようなものも販売されています。
耐久性を考えると空気を入れるタイプよりライフジャケットタイプが良いです。
持ち運びが楽か、丈夫なものがいいかが判断ポイントになります。

空気を入れるタイプは、岩などにあたり破れてしまうこともあるので、気をつけましょう。

 

 

フィン

フィン

波が激しいと流されやすく、泳ぐのも大変になります。
フィンがあると泳ぐのが楽になるので、長時間海にいても疲れにくくなります。
ダイビングの場合は沈みやすいゴム製のフィンがオススメですが、シュノーケルは浮かんでいることが多いためプラスチック製がオススメです。

シュノーケル、ゴーグル、フィンの3点セットで安く販売されています。

 

 

グローブ

海の生き物には毒を持つ魚や生き物がいます。
迂闊に触れると毒を持っていたということもあります。
グローブをすることで、回避できることもあるので、あったほうがいいと思いました。

 

マリンシューズ

マリンシューズ

水陸両用で使えるシューズです。
サンダルのように履いたり、脱いだりしなくていいので楽です。
フィンもマリンシューズの上から装着できます。

また海の中で足を怪我することも防止できます。
浜辺の状況によっては、必ず必要になる場合もあります。

 

ウェットスーツ

水温が20度前後の海に入る際はあったほうがいいです。
値段もそれなりにするので、初心者のうちは買わなくてもいいと思います。
海の気温は2週間から1ヶ月前の気温になるので、季節外れだと感じる場合はあったほうがいいでしょう。

 

アクションカメラ

アクションカメラは、アウトドアに特価したカメラです。
よく芸人さんがバンジージャンプやジェットコースターに乗るときに付けているカメラを想像すると分かりやすいです。

最近では 4K、Wi-Fi機能付きでも1万以下で購入できます。
動画メインなら手ぶれ補正はあったほうがいいかもしれません。
大抵のアクションカメラは、防水ケースがセットで付属してきます。

 

先日 WiFi 4K アクションカメラ WIMIUS L3 を購入しました。 WIMIUS

 

パラソル、テント

場所によりますが、日陰が無い砂浜ではパラソルがあったほうが良いです。
海の家が近くにあるビーチでは、レンタルでもいいでしょう。

 

 

準備をしっかり整え、気をつけて夏のアクティビティ『シュノーケリング』を楽しみましょう!