層雲峡氷瀑まつり!温泉付きの”ホテル大雪”に宿泊してみた

層雲峡氷瀑まつり!温泉付きの”ホテル大雪”に宿泊してみた

北海道 旭川 層雲峡氷瀑まつりへ行ってきました。
その際に、温泉付きのホテル "ホテル大雪" へ宿泊しました。

簡単に施設内容や食事、氷爆まつりへのアクセス方法などをまとめました。

 

 

客室

私は『和風ツイン』を利用しました。
和室でありながら、ベッドを利用できます。
和室でありながら、ベッドを利用できます。

館内に温泉があるのですが、客室にもシャワーがありました。
館内に温泉があるのですが、客室にもシャワーがありました。

それ以外は一般的な温泉の客室と言う印象で、とてもリラックスできます。
もちろん、浴衣も利用できます。

内装
一般的な温泉の客室と言う印象

とてもリラックスできます。

洗面台
洗面台

ひげそり、歯ブラシ、ヘアブラシなどのアメニティは揃っていました。

お部屋によっては、氷爆まつりの花火を窓から見ることができます。

 

ロビー

ロビーはとても綺麗で天井も高く風通しの良い空間でした。
ロビーはとても綺麗で天井も高く風通しの良い空間でした。

ロビーはとても綺麗で天井も高く風通しの良い空間でした。

ロビーはとても綺麗で天井も高く風通しの良い空間でした。

ロビーに暖炉のオブジェクトがあり、見ていると自然と温かい気持ちになれました。
ロビーに暖炉のオブジェクトがあり、見ていると自然と温かい気持ちになれました。

おみやげコーナーも充実しており、お酒やお土産などが沢山ありました。
おみやげコーナーも充実しており、お酒やお土産などが沢山ありました。

 

夕食

夕食は "四季菜八景" と言う旬の食材を味わえるコース料理をいただきました。
どの料理も美味しく、食べきれないほどの料理が振る舞われました。
"四季菜八景" はトップオブキャニオンと言う会場でいただけるのですが、この会場から層雲峡氷瀑まつりを眺めることができます

コース料理メニュー
コース料理メニュー

オードブル
オードブル

お刺身(鮪、蛸、サーモン、甘海老)
お刺身

焼き物(北見産焼玉葱のシーフードグラタン)
焼き物(北見産焼玉葱のシーフードグラタン)

温の物(百合根饅頭の飴掛け)
温の物(百合根饅頭の飴掛け)

鍋(きのこ鍋)
鍋(きのこ鍋)

メインディッシュ(帆立の陶板焼き)
メインディッシュ(帆立の陶板焼き)

デザート(フルーツ&ケーキ)
デザート(フルーツ&ケーキ)

地下には、大雪茶屋と言う居酒屋があります。
誰でも利用でき、温泉の後に一杯と言う感じで利用できます。
シメのらーめんも食べることができます。

 

朝食

朝食はビュッフェ形式となっています。
和食、洋食の両方が用意されていました。
和食、洋食の両方が用意されていました。

和食、洋食の両方が用意されていました。

北海道の新鮮な、ホタテ、エビ、イカ、サーモン、マグロなどが用意されており、勝手丼を作ることができます。
北海道の新鮮な、ホタテ、エビ、イカ、サーモン、マグロなどが用意されており、勝手丼を作ることができます。

 

温泉

館内にある 3箇所の温泉が利用できます。
チャペルの様な『チニタの湯』、露天風呂の『天華の湯』、層雲峡を一望できる展望台の温泉『大雪乃湯』があります。

アクセス

旭川駅から車で 1時間半ほどでした。
冬は路面が凍結しているため、普段運転をしない人は少し大変かもしれません。
旭川駅から 1日数本バスが出ているため、そちらを利用される手もあります。

氷瀑まつり

氷爆まつりの会場付近に送迎バスが用意されています。
"ホテル大雪" からも氷爆まつり会場へのバスがあり、19:00~22:00 は常時バスが出ています。
人が乗車すると送迎してくれますが、何分間隔と決まって運行している訳ではありません。

極寒の中、徒歩 20分かけて氷爆まつり会場まで行くのは大変なので、バスが運行している時間に行きましょう。
私が氷瀑まつりへ行った際は、マイナス19度で、強風でした。
十分な防寒対策をして、氷瀑まつりへ向かってください。


氷瀑まつりでは毎日 20:30 から花火を打ち上げているそうです。
私が行った際は、たまたまなのか花火をやっていない日でした。

都会ではお目にかかれない、氷の世界を体験できます。
ライトアップも素敵で、氷の洞窟、氷のバーなどもありました。

都会ではお目にかかれない、氷の世界を体験できます。

都会ではお目にかかれない、氷の世界を体験できます。

都会ではお目にかかれない、氷の世界を体験できます。

都会ではお目にかかれない、氷の世界を体験できます。

氷のバー

コンビニ

氷爆まつりの会場付近にセイコーマートとセブンイレブンがあります。
氷爆まつりへ行くついでに、買い物を済ませた方がいいでしょう。

温泉やロビーも含めてとてもリラックスできるホテルでした。
層雲峡を訪れる際には、また利用させていただきたいと思います。