IKEAのスマート照明TRÅDFRIの違いと選び方

IKEAのスマート照明TRÅDFRIの違いと選び方

IKEAのスマート照明TRÅDFRIを購入する際に、バリエーションがあり、どれを買えばいいのか分かりづらかったので要点をまとめてみました。

 

IKEAのスマート照明のセットアップはコチラ

Hue のブリッジと IKEA TRADFRI を連携してみたので、その方法を書き残しておきたいと思います。Hue のブリッジは同じ通信規格の Zigbee に対応している電球であれば純...

 

まず、スマート照明TRÅDFRIには4種類の製品があるので、概要を記載します。

概要

  1. TRÅDFRI1
    価格 2,499円
    サイズ E26(26mm)
    明るさ 1000ルーメン(明るさ72W形相当)
    タイプ ワイヤレス調光
    色温度 電球色・温白色・昼白色
    電球ガラスの色 オパールホワイト
    説明 スマートLED電球なら、照明をさまざまな用途やシーンに合わせて調整できます。
    たとえば、ディナーにはあたたかみのある電球色、作業には明るい昼白色といった使い分けが可能です

     

  2. TRÅDFRI2
    価格 1,799円
    サイズ E26(26mm)
    明るさ 1000ルーメン(明るさ72W形相当)
    タイプ ワイヤレス調光
    色温度 電球色・温白色
    電球ガラスの色 ホワイトスペクトラム オパールホワイト
    説明 スマートLED電球なら、照明をさまざまな用途やシーンに合わせて調整できます。照明を落して心地よい雰囲気を演出することも可能です

     

  3. TRÅDFRI
    価格 1,999円
    サイズ E17(17mm)
    明るさ 400ルーメン(明るさ35W形相当)
    タイプ ワイヤレス調光
    色温度 電球色・温白色・昼白色
    電球ガラスの色 オパールホワイト
    説明 スマートLED電球なら、照明をさまざまな用途やシーンに合わせて調整できます。
    たとえば、ディナーにはあたたかみのある電球色、作業には明るい昼白色といった使い分けが可能です。

     

  4. TRÅDFRI
    価格 999円
    サイズ E17(17mm)
    明るさ 400ルーメン(明るさ35W形相当)
    タイプ ワイヤレス調光
    色温度 電球色 温白色
    電球ガラスの色 ホワイトスペクトラム オパールホワイト
    説明 スマートLED電球なら、照明をさまざまな用途やシーンに合わせて調整できます。照明を落して心地よい雰囲気を演出することも可能です。

     

 

TRÅDFRIの違いについて

それぞれのランプの違いは色温度(光の色)、光源の強さ、ソケットのサイズです。

ランプの違いを説明する前に、光の色について触れておきます。

「電球色」は温かみのある落ち着いた色合いが特徴で、リビングや寝室など、くつろぎの空間におすすめです。
一方、「昼光色」と「昼白色」は昼間の太陽のような爽やかな色合いが特徴です。
「昼白色」はキッチンや洗面所などに適し、「昼光色」は仕事や勉強用など細かい作業に適しているとされています。
「温白色」は「電球色」と「昼光色」の中間色といった色です。

それではランプの違いについて簡単に説明します。

 

色温度(光の色)

「1」と「3」は、電球色・温白色・昼白色から自由に色を変えることができます。
「2」と「4」は、温白色のみです。

光源の強さ

「1」と「2」は 0ルーメン~1000(980ルーメン) の間で明るさを自由に変えることができます。
「3」と「4」は 0ルーメン~400 の間で明るさを自由に変えることができます。

部屋の大きさに対して、シーリングライトがどの程度の明るさが必要化は以下を参考にしてみてください。
あくまで目安なので好みもあるかと思います。

部屋の広さ LED ルーメン(lm)
~4.5畳 2200~3200 lm
~6畳 2700~3700 lm
~8畳 3300~4300 lm
~10畳 3900~4900 lm
~12畳 4500~5500 lm
~14畳 5100~6100 lm

 

ソケットサイズ

「1」と「2」はソケットのサイズが E26(26mm) で一般的な家庭でよく最も多く見かける電球サイズです。
「3」と「4」は E17(17mm) でこちらも家庭で使われます。サブ的な用途で使われるライトのサイズです。

 

使用感

10畳の部屋で「1」の電球を 4つセットし、100% の明るさにするとかなり明るいです。
私は普段 80% ほどで使用しています。

「1」と「3」は、アプリ上では下の画像のようにパレットから自分の好みの色を選べます。
「1」と「3」は、アプリ上では下の画像のようにパレットから自分の好みの色を選べます。

「2」と「4」の場合は、色は選べず、明るくすると温白色となります。暗くすると電球色になります。

全ての電球に共通して、光の強さを以下のように自由に変えることができます。(画像は「3」と「4」のアプリ上の表示)
使いやすい光の色をシーンとしてセットして記憶ことで、いつでも呼び出すことができます。
全ての電球に共通して、光の強さ自由に変えることができます。

分かりにくいと思いますが、実際「2」の使ってる光の強さを変更した写真も載せておきます。

温白色の光の強さ

温白色の光の強さ2

温白色の光の強さ3

 

IKEA の TRÅDFRI(トロードフリ) と言えば、低価格のスマート照明器具が有名です。我が家でも Hue と組み合わせて使用しています。 今回はモーションセンサーキット...