「なしよりのあり」「ありよりのなし」の認識が大学生と違っていた話

「なしよりのあり」「ありよりのなし」の認識が大学生と違っていた話

大学生が最近使っている言葉で「ありよりのあり」「なしよりのあり」「ありよりのなし」「なしよりのなし」という言葉があります。
なんとなく耳にしたことはあり、ニュアンスで意味を理解していたつもりでした。

しかし、大学生と話すと私の認識に誤りがあることが分かりました。

私の認識ではこんな感じでした。上から評価が高い順です。

ありよりのあり  問答無用であり
ありよりのなし ありだけど、思うところがある
なしよりのあり なしだけど、いいところもある
なしよりのなし 考えられへん

いわゆる「上」「上の下」「下の上」「下」みたいな感覚です。

ところが普段から実際に使っている大学生は以下の様な意味で使っているとのことでした。こちらも上から評価が高い順です。

ありよりのあり 問答無用であり
なしよりのあり なしに近いけどあり
ありよりのなし ありに近いけどなし
なしよりのなし 考えられへん

 

TBSでも取り上げられた言葉みたいですが、私と同じ認識をしているようです。
大学生についていけてないのを感じます・・・

   ゲストの理想の異性を詳細に聞き出し、できる限りのビジュアル化を試みるという新番組である。好みのタイプを「アリよりのアリ」(有り寄りの有り)...

どういうことか、詳しく聞いてみました。

あり」と「なし」のボーダラインを基準に、”なしに近いけどまぁ合格ライン”って言うのが「なしよりのあり」。
反対に”ありに近いけどボーダーラインは超えてないよね”っていうのが「ありよりのなし」と言うことでした。

ボーダラインは人の価値観による思いますが、グラフにするとこんな感じですかね。

 

異性関係で言うと「なしよりのあり」だと”付き合ってもいいかな”って感覚らしい。

巷の記事ではこの表現方法は「曖昧な感じがして使いやすい」と目にしたのですが、聞いてみると中々しっかりした基準を元に決定しているように思えます。
私に説明してくれた大学生がしっかりしているだけかもしれませんが。

分かったつもりになってた人でもしっくりくる回答だったと私は思っています!