DAIAD/Aissのマグネット充電ケーブルでMicro USB、Type-C、Lightningを1本化

DAIAD/Aissのマグネット充電ケーブルでMicro USB、Type-C、Lightningを1本化

DAIAD社 と Aiss社から販売されているマグネット式充電ケーブルを購入してみました。

マグネット式充電ケーブルがどのような商品かと言うと Micro USB、Type-C、Lightning ケーブルを 1本に出来てしまう商品です。
スマホ側には Micro USB、Type-C、Lightning のジャックに、マグネット式のコネクターを差し込みます。
ケーブル側とコネクタ側の両方がマグネットなので、近づけると磁石でくっついて充電が始まります。

言葉だけでは伝わりづらいため、画像を交えてご紹介していきます。
iPhone、Android、イヤホン、タブレットなど重電するものを沢山持っている人ほど重宝するでしょう。

 

セット内容

今回は 3パックの商品を購入しました。
3パックのセット内容は以下のようになります。

  • 1m ケーブル(充電ポートが先端)
  • 1m ケーブル(充電ポートが側面にあるL字)
  • 2m ケーブル(充電ポートが側面にあるL字)
  • Micro USB コネクタ 3個
  • Type-C コネクタ 3個
  • Lightning コネクタ 3個

ケーブルの充電ポートが先端と横に付いている 2種類があり、以下の画像を見て頂けると分かりやすいかと思います。
ケーブルの充電ポートが先端と横に付いている 2種類があり、以下の画像を見て頂けると分かりやすいかと思います。

パッケージ表
パッケージ表

パッケージ裏
パッケージ裏

ケーブル 3本とコネクタ 3種類 3個ずつ
ケーブル 3本とコネクタ 3種類 3個ずつ

コネクタはいずれも 3個付属していて、合計 9個になります。
Micro USB はよく使いますし、3個付いているのはかなり有り難いです。
コネクタはいずれも 3個付属しています。

 

コネクタについて

コネクタはスマホ、タブレットなどに差し込んで置くだけです。
コネクタは端末側に挿しておき、基本的には取り外ししません。

コネクタはスマホ、タブレットなどに差し込んで置くだけです。

 

ケーブルについて

ケーブル自体は思ったよりもしなやかで、取り回しがしやすいと思います。
あまり求めていたところではありませんが、さわり心地も良いと思いました。
更に USB 端子は表裏が無く、どちら向きでも差し込むことができます。
ケーブル自体は思ったよりもしなやかで、取り回しがしやすいと思います。

リビングにあった Micro USB、Type-C、Lightning とはサヨナラをして…
リビングにあった Micro USB、Type-C、Lightning とはサヨナラをして...

マグネットコネクタに取り替えました!
マグネットコネクタに取り替えました!

マグネットコネクタの先端からは光が漏れており暗い場所でも見つけられます。
ただ、欲を言えばケーブルの先端の光がもう少し暗め淡い色だと良かったかなと思いました。
マグネットコネクタの先端からは光が漏れており暗い場所でも見つけられます。

寝室の壁にはマグネットが取り付けられているので、ケーブルをくっつけることもできました。
掃除の時にも邪魔にならずに助かります。
寝室の壁にはマグネットが取り付けられているので、ケーブルをくっつけることもできました。

 

 

もちろんケーブルをくっつけるだけで、充電が開始されます。
iPhone、Android、Fire タブレット等で試しましたが、問題なく充電されました。
説明を見る限り、急速充電にも対応しているようです。
もちろんケーブルをくっつけるだけで、充電が開始されます。

 

メリット

充電コネクタを抜き差しする必要がない

コネクタとケーブルを近づけるとくっつくので、片手でもできてしまいます。
コネクタとケーブルを近づけるとくっつくので、片手でもできてしまいます。
何より抜くときにケーブルに負担をかけることがありません。
ケーブル側か端末側を少し引けば取り外せます。
「子供が急に iPhone を引っ張って充電ケーブルが断線した…」みたいなことも無くなりました。

 

全ての充電ケーブルが 1本化できる

Micro USB、Type-C、Lightning のケーブルが共通のものになるため、充電に使うケーブルを複数置いておく必要がありません。
リビングに3種類、職場にも3種類、車にも3種類を色んな場所で何種類かのケーブルを置いている人も多いかと思います。
このケーブルであれば、一箇所に 1、2本あれば十分になるのではないでしょうか。

 

端末を沢山持っている場合こそ便利

Android、タブレット、Bluetoothイヤホン、モバイルバッテリー等が充電待ちになることはありませんか?
利用するケーブルを共通にすることで「iPhone のケーブルなら余ってるのに、MicroUSB が足りない」と言うことが減ります。

 

端末の充電コネクタ側にゴミが溜まらない

iPhone や Android 端末の充電コネクタに専用コネクタを常に刺している状態になります。
そのためホスマホのケーブル仕込み口に埃やゴミが溜まることがなくなります。

 

L字型コネクタは 360度回転する

L字型コネクタは 360度回転します。
L字コネクタは 360度回転します。

360度回転するため動画視聴やゲームをする際に向きを気にする必要がありません。
360度回転するため動画視聴やゲームをする際に向きを気にする必要がありません。

注意事項

Lightning コネクタは表裏があるようです。
通常に Lightning ケーブルには表裏がありませんが、この製品のコネクタにはあります。

iPhone や iPad が充電出来ない方は、コネクタの刺し方が間違っていないか確認してみて下さい。
一度刺してしまえば、取り外すことは少ないので、大きな問題はないと思います。

 

まとめ

DAIAD社 と Aiss社から同じような製品が出ていますが、どちらの製品も互換があるようです。
コネクタと充電ポート側の形は両方同じ形で、充電もできました。

使いやすさで言えば大満足です。
リビング2本、寝室2本、職場1本、持ち運び用に1本欲しかったので 3パックを2セット購入してしまいました。
リビング2本、寝室2本、職場1本、持ち運び用に1本欲しかったので 3パックを2セット購入してしまいました。

端末を沢山持っている人、色んな場所にケーブルを置く必要がある人、そのような方には非常に便利だと実感できるアイテムだと思います。
家族でケーブルを取り合いになることも少なくなるのではないでしょうか。

欲を言えば全てをワイヤレス充電にできればいいと思いますが、全てがワイヤレス充電になるのはまだ先のような気がします。
マグネット充電も煩わしさが軽減されてオススメです。