エコバッグの面倒なイメージが消えたおすすめのエコバッグ

エコバッグの面倒なイメージが消えたおすすめのエコバッグ

前々から欲しかった正統派のエコバックを購入しました。
早速ですが、エコバッグを購入した理由としては、以下の 2つの思いがありました。

  • 先日購入したエコリュックの使い心地が良かったので、正統派のエコバッグも欲しくなった
  • スーパーマーケットでもレジ袋が有料になる店舗が増えた

特に「2」に関しては、増税の影響もあり、少しでも節約したい思いがありました。

最近では買い物をした際のもらえるレジ袋も有料になり、エコバッグを利用している方も多いのではないでしょうか。今回はエコリュックにもなるミレストの『UTILITY』シリ...

 

 

逆にエコバッグに手を出せなかった要因は以下の 3つです。

  • 決め手となるエコバッグが無かった
  • 折りたたみがめんどくさいイメージがあった
  • 男性が持っても違和感のないエコバッグが欲しかった
  • 折り畳むとシワシワになるイメージがあった

エコバッグがダサいイメージは、シワシワになっていたり男性に合わないイメージが強く脳裏に焼き付いていました。
また、使った後に畳むのも面倒なイメージでした。

そんなワガママな私がたどり着いたエコバッグがマーナ(MARNA)の「Shupatto (シュパット) 」です。
今回は「Shupatto」の特徴を記載させて頂きます。

パッケージ


表


裏

 

【特徴1】折りたたみが簡単

【特徴1】折りたたみが簡単
「Shupatto」は、両端をパンパンと数回引っ張ると折り畳みやすい形になります。
あとは 2,3 回折り畳むと綺麗に畳むことができます。
折り畳み方が決まっており、しかも簡単なのでシワシワになることもありません。
折り畳み方が決まっており、しかも簡単なのでシワシワになることもありません。

【特徴2】デザインが豊富

よく見かけるドロップ型はもちろん、ボストンバッグ、ポケッタブル、ショルダー型等バリエーションが豊富です。
ドロップ型も Mサイズと Lサイズが展開されています。
また、保冷バッグまで展開されています。

【特徴3】折り畳むと手のひらサイズ

【特徴3】折り畳むと手のひらサイズ
折り畳むと手のひらサイズで、かなり薄くなります。
そのため、メインバッグの隙間などに入れて携帯することができます。

 

まとめ

「Shupatto」について、簡単にまとめましたが、いかがでしたでしょうか。
最初は折り畳む際に巻取り型のエコバッグも検討しましたが、シワシワになると言うレビューが多かったので止めてしまいました。

「Shupatto」を買う前は、本当に簡単にたためるのか心配していましたが、杞憂に終わりました。
もしエコバッグの決め手が無くて困っている方がいたら、一度「Shupatto」を検討してみてはいかがでしょうか。