Shure Se215を3000円でBluetooth化してみた

Shure Se215を3000円でBluetooth化してみた

『Xijin ワイヤレスイヤホンケーブル』を使って Shure Se215 を Bluetooth イヤホン化してみました。
1ヶ月ほど使用してみたのでレビューとしてまとめておきます。

 

 

※販売中止となり『Yinyoo BT4 Bluetooth』に乗り換えました!

使い勝手のいい Shure で使える MMCX リケーブル用 Bluetooth を発見したのでご紹介します。以前は『Xijin ワイヤレスイヤホンケーブル』を使って Shure Se215 を Bluet...

 

今回 Shure Se215 で使用しましたが、その他の SE シリーズでも使用できます。

使用方法は簡単で、断線したときに交換するリケーブルと同様です。
初めてリケーブルする方でも 1, 2分あれば交換できます。

使用方法は簡単で、断線したときに交換するリケーブルと同様

 

イヤホンとの接続部分は音の劣化を防ぐため、金メッキで作られています。
私はあまり音にこだわっている方ではありませんが、音に関しては純正の有線ケーブルを使っている時とあまり違いは感じませんでした。
(むしろ Xperia から iPhone で音楽再生をした時のほうが断然音の劣化が分かります。)

重さに関しては気になるような重さではなく、1時間程度の移動で耳が疲れることはありませんでした。
リモコンはマイクも搭載していて通話も可能ですが、かなり軽く作られています。

最初はリモコン部分が少し邪魔に感じていましたが、今は慣れてしまいました。

 

都内の満員電車の通勤で使用していますが、密集した人の中でも Bluetooth 接続が途切れたことはありません。
iPhone 8、AQUOS sense lite SH-M05(Android) で試しましたが、どちらの環境でも問題は発生していません。
(電波の強さ的に大丈夫なのか心配ですが、音楽が途切れてストレスになることはありません)

リモコンの素材はプラスチックのようで高級感などはありません。
リモコンの素材はプラスチックのようで高級感な

 

また、公式では 8-10時間再生できると書かれていますが、実際は6-7時間くらいでした。
値段自体が安いので、長距離移動用に 2つ買っても良いのかなと思いました。

充電は多数の製品と互換性がある microUSB で行えます。

 

一度接続設定を行えば、次回以降はイヤホンの電源を入れるだけで接続されます。
接続が完了するとイヤホンから「Your device to connected」と再生されます。
一度接続設定を行えば、次回以降はイヤホンの電源を入れるだけで接続され

 

Shure 公式からも『BT1シリーズ』と言う Bluetooth 接続できるケーブルが発売されています。
ただ公式のケーブルは 12,000円と値が張り、電源を入れた際に起動音が大きすぎるそうです。

 

高級感は無くても 3000円で買えるという点で、Xijin の Bluetooth イヤホンケーブルはコスパのいい製品だと思いました。

参考になれば幸いです。