Amazon Alexaのセットアップ方法、Google Homeとの違いなど

Amazon Alexaのセットアップ方法、Google Homeとの違いなど

第二世代 の Alexa を購入しました。
私は Google Home も持っていますが、それぞれの良さがあり、Alexa がお手頃価格になっていたことが購入の要因でした。

この記事ではセットアップの様子をまとめて行きたいと思います。
使用したデバイスは Echo dot2 ですが、他の Alexa 製品でも基本的にはセットアップ方法は同じです。

Alexa はスマートスピーカーと呼ばれているデバイスです。
他に有名なスマートスピーカーとしては、Google Home などがあります。

最初に Alexa と Google Home の違いを簡単にご説明します。

 

Alexa と Google Home の違い

Google Home と比較して Alexa を使うメリットとしては、以下の点です。

  • Amazon のサービスと親和性が高い
  • Alexa スキル(アプリ)をユーザが作成することができ多様なカスタマイズが可能
  • 値段が安い

 

 

Google Home は Google が開発しているだけあり、Google が出しているサービス(Youtube、カレンダーやリマインダー、Play music、ニュース)などの深く連携できます。

Android スマホなどを利用している場合は、Google Home に地の利があると言えます。
Android スマホ自体に Google アシスタントが搭載されているため、どこにいても Google Home として代用できます。

Amazon music は利用できません。

 

反対に Google Home を利用するメリットは以下のような点です。

  • Google サービスと親和性が高い
  • 音声認識力が高い

 

 

それに対して Alexa は、Amazon サービスと深く連携ができます。

Amazon で買い物ができたり、Amazon Music、プライム・ビデオを音声操作できます。
プライム・ビデオを音声操作するためには、Fire TV や Fire stick 等が必要です。
Fire TV や Fire stick があれば、Youtube も再生可能です。

また、Google カレンダーや Apple カレンダーと連携は可能です。
Google Play music は再生できません。

 

Google Home の方が音声認識力が高いと記載しましたが、Alexa も大きなストレスはありません。

ニュースの読み上げ、アラームの設定については、あまり違いはありません。
音楽や動画、連携できるスマートリモコンの種類に少し違いがあります。
Spotify や Youtube は両製品で利用できます。

 

 

Echo dot3 ではなく Echo dot2 を買った理由

最新のEcho dot3 ではなく、Echo dot2 を購入した理由についてです。
まずは値段が、安いことです。
性能面では、音が良くなったとされていますが、値段を優先しました。

次に、Echo dot を壁掛けしたいとためです。
記載した通り、Echo dot3 は音が良くなったことにより、音の出力も上がっています。

音の出力が上がるとその分振動も大きくなります。
Echo dot を壁掛けする場合は、コンセントに差し込むだけで支えなどはありません。
そのため、壁掛けすることによって、音がなったときの壁を伝う振動が気になるように感じました。

壁掛けする場合は、Echo dot2 が良さそうだと私は思いました。

ただし、2019/01/24 現在 Echo dot2 の販売は終了したようです。

 

Alexa の付属品

パッケージ
Alexaパッケージ

付属品は以下の4点です。

  • 本体
  • 説明書
  • MicroUSB ケーブル
  • 電源アダプタ

Alexa付属品

 

注意事項

  • スマートスピーカーを利用するには自宅に Wi-Fi 環境が必要です
  • Wi-Fi の SSID やパスワードを控えておきましょう
  • スマートスピーカー設置場所付近に電源供給するコンセントが必要です

 

Alexa の設定

  1. Amazon Alexa アプリをダウンロードする
    Amazon Alexa
    Price: Free
    Amazon Alexa
    Price: Free
  2. Alexa 本体にある Micro USB を差し込みケーブルを指して本体を起動する
    Alexa 本体にある Micro USB を差し込みケーブルを指して本体を起動する
  3. Amazon Alexa アプリを起動し、Amazon アカウントを利用してログインする
    Amazon Alexa アプリを起動し、Amazon アカウントを利用してログインする
  4. [続行] をタップ
    [続行] をタップ
  5. [Amazon Echo をセットアップ] をタップ
    [Amazon Echo をセットアップ] をタップ
  6. セットアップするデバイスを選択
    セットアップするデバイスを選択
  7. Echo Dot を選択した場合は、世代を選択
    ※Dot2 のようになっている場合は第2世代、Dot3 であれば第3世代となります
    Echo Dot を選択した場合は、世代を選択
  8. [続行] をタップ
    [続行] をタップ
  9. Amazon Alexa 本体のライトがオレンジになるまで待機して、[続行] をタップ
    ライトがオレンジになるまで待機して、[続行] をタップ
  10. スマホの Wi-Fi 設定画面を開く
    スマホの Wi-Fi 設定画面を開く
  11. Amazon-xxx となっている Wi-Fi へ接続する
    Amazon-xxx となっている Wi-Fi へ接続する
  12. Amazon Alexa アプリに戻り [続行] をタップ
    Amazon Alexa アプリに戻り [続行] をタップ
  13. Amazon Alexa が接続する Wi-Fi を選択する
    Amazon Alexa が接続する Wi-Fi を選択する
  14. 接続が完了するまで待機する
    接続が完了するまで待機する
  15. オンラインになったことを確認して [続行] をタップ
    オンラインになったことを確認して [続行] をタップ
  16. Amazon Alexa を AUX ケーブルや Bluetooth を使って別のスピーカーへ出力する場合以外は [Echo の内蔵スピーカーを使用] をタップ
    Amazon Alexa を AUX ケーブルや Bluetooth を使って別のスピーカーへ出力する場合以外は [Echo の内蔵スピーカーを使用] をタップ
  17. 使用する場所をタップ
    使用する場所をタップ
  18. Amazon アカウントに登録されている氏名が自分であることを確認して [私は○○です] をタップ
    Amazon アカウントに登録されている氏名が自分であることを確認して [私は○○です] をタップ
  19. 氏名を正しく入力して [続行] をタップ
    氏名を正しく入力して [続行] をタップ
  20. Amazon にアクセス [許可] をする
    Amazon にアクセス [許可] をする

 

以上でセットアップは完了です。

「Alexa 今日の天気は」
「Alexa 流行りの曲を再生」

などと話しかけて見てください。

エアコンや照明の操作を行うには、Nature remo などのスマートリモコンを購入してください。
照明に関しては Hue など専用の スマート照明を利用することで、簡単に電気をつけたり消したりすることができます。

 

Hue のブリッジと IKEA TRADFRI を連携してみたので、その方法を書き残しておきたいと思います。Hue のブリッジは同じ通信規格の Zigbee に対応している電球であれば純...

 

少しずつスマートホームへ向けてカスタマイズし、楽しいスマートスピーカーライフを目指したいですね!

私は仕事もプライベートもすべて Google カレンダーで管理しています。Google カレンダーは、パソコンやスマホ、スマートスピーカーでも Google カレンダーを利用できる...