Hueのブリッジを使ってIKEAのスマート照明TRÅDFRIを使う方法

Hueのブリッジを使ってIKEAのスマート照明TRÅDFRIを使う方法

Hue のブリッジと IKEA TRADFRI を連携してみたので、その方法を書き残しておきたいと思います。
Hue のブリッジは同じ通信規格の Zigbee に対応している電球であれば純正じゃなくても使用できます。

今回使用したのは以下の 2つだけです。

  • Philips Hue Bridge
  • IKEA TRÅDFRI LED電球

 

IKEA のスマート照明を使う大きな理由としては、Hue 純正の電球より安く手に入ることです。

Philips Hue が 1球3300円に対して IKEA の LED電球は 1800円から販売されています。

もう一つ理由があるとすれば、Philips Hue は E26(26mm)サイズしかありませんが、IKEA の LED電球は E26(26mm) 以外に E17(17mm)サイズも販売しています。
ですが、一般的には E26(26mm) を使用していると家庭が多いと思います。

IKEA で販売されている電球の種類と違いについては、コララの記事にまとめています。

IKEAのスマート照明TRÅDFRIを購入する際に、バリエーションがあり、どれを買えばいいのか分かりづらかったので要点をまとめてみました。 IKEAのスマート照明のセッ...

ここまでくると IKEA で全てスマート照明を揃えたいのですが、電球をまとめてコントロールできるブリッジが売られていません。
こちらも別の機会に書きますが、ブリッジが無いと電球のグループ化やルーム単位で操作したり、Google Home と連携ができなかったりします。
これでは、リビングの電球をまとめて消すことができません。

そこで Philips Hue Bridge を別途購入する必要がでてくると言う訳です。

前置きが長くなりましたが、実際の設定方法をご紹介します。

 

前準備

  1. Philips Hue Bridge と IKEA TRÅDFRI を連携するには、スマホアプリが必要です。
    iPhone の場合は Hue Lights をダウンロードします。
    Hue Lights
    Price: Free+

    Android の場合は Hue Essentials をダウンロードします。
  2. Philips Hue Bridge に LANケーブルと電源ケーブルを接続
    Philips Hue Bridge に LANケーブルと電源ケーブルを接続付属の LANケーブルは短いため、設置場所が遠くなる場合は注意してください。
    付属の LANケーブルは短い

 

 

Philips Hue Bridge と IKEA TRÅDFRI の連携

今回私は Android(Hue Essentials) を使用してセットアップしました。
iPhone でも大きな違いは無いと思います。

  1. アプリを起動すると簡単な紹介画面が表示されるため、[>] をタップして読み進める
    アプリを起動すると簡単な紹介画面が表示されるため、[>] をタップして読み進める
  2. [Philips Hue] をタップする
    [Philips Hue] をタップする
  3. 以下の画面が表示されたら、Hue ブリッジ本体のボタンを押す
    以下の画面が表示されたら、Hue ブリッジ本体のボタンを押す
  4. 以下の画面が表示され、Hue ブリッジが認識されるまで定期的に [>] を押す
    ※私は 3~5分ほどで次の画面に進みました
    以下の画面が表示され、Hue ブリッジが認識されるまで定期的に [>] を押す
  5. アプリのホームが画面が表示されたら [三] をタップ
    アプリのホームが画面が表示されたら [三] をタップ
  6. [すべてのランプ] をタップ
    [すべてのランプ] をタップ
  7. [+] をタップ
    [+] をタップ
  8. IKEA TRÅDFRI を取り付け電気を点ける
  9. [タッチリンク] を IKEA TRÅDFRI が点滅するまでタップし、[ライトを探す] をタップ
    [タッチリンク] を IKEA TRÅDFRI が点滅するまでタップし、[ライトを探す] をタップ
    ランプが追加されたことを確認します。
    ランプが追加されたことを確認します。

 

2個目以降の IKEA TRÅDFRI の連携

2個め以降も同様ですが、[タッチリンク]→[ライトを探す] の流れは同様ですが少し注意が必要です

[タッチリンク] を押しても既に接続されているランプが光り、新しいランプを認識してくれません。

なので、設定が終わったランプを電気が点かない程度に接触を緩め、設定済みのランプが物理的に電気が点かない状態にします。
これを全ての Philips Hue Bridge が全ての IKEA TRÅDFRI の認識をし終えるまで繰り返します。

全ての IKEA TRÅDFRI を認識したら電気が付くように、再度電球を差し込んでいきましょう。

 

ランプのグループ化

  1. アプリのホーム画面で [+] をタップ
    アプリのホーム画面で [+] をタップ
  2. [グループの名前]、[ルームタイプ]、登録するランプにチェックを入れて [保存] をタップ
    [グループの名前]、[ルームタイプ]、登録するランプにチェックを入れて [保存] をタップ

 

設定自体は、ここまでで終了です。

 

操作方法

  1. グループを開きパレットマークをタップ
    グループを開きパレットマークをタップ 明るさや色をまとめて変更できます。
    明るさや色をまとめて変更できます。 ランプ単体をタップすれば、1個だけ色を変えることもできます。

 

ただ、Philips Hue Bridge と IKEA TRÅDFRI の連携が終わってしまえば、純正の Hue アプリのほうが分かりやすく、シーンの作成などもできて良さそうです。

Philips Hue
Price: Free
Philips Hue
Price: Free