簡単に手早くみじん切りできる「みじん切り器」が便利すぎた

簡単に手早くみじん切りできる「みじん切り器」が便利すぎた

フードプロセッサーは前から持っていたのですが、みじん切り器を新たに購入してみました。

フードプロセッサーでも同じことは可能です。
違いとして大きな点は、電源ケーブルが必要ないこと。これが一番大きいです。
電源ケーブルをつなぐことを前提に設置、重さがあり移動し辛い、洗い物もする時も重い、音が大きい、などのデメリットも大きいと感じていました。

そんな問題を解決できたのが、Sedhoom の「みじん切り器」です。
別名「チョッパー」とも呼ばれているそうです。

 

 

セット内容はこんな感じでした。

セット内容

かき混ぜ用のアイテムが付いてくるので、泡立て器としても使用できます。
ケーキなんかを作る際にも活躍しそうです。

緑の取っ手を引くとみじん切りにできます。

緑の取っ手を引くとみじん切りに

 

手始めに玉ねぎをみじん切りにしてみました。

手始めに玉ねぎをみじん切り

2, 3回ほどみじん切り器を回してみると程よい感じです。
何度も繰り返せば更に細かくなります。

2, 3回ほどみじん切り器を回してみる

玉ねぎを切る時に目がしみることありますよね?
時間短縮はもちろん、みじん切りを使うと目も痛くならないのが地味に嬉しいところです。

玉ねぎであれば大きめのサイズ 3~4個はまとめてみじん切りにできると思います。
少し固めの人参も問題なくみじん切りにできました。

コンパクトで取り回しやすく、でも小さすぎないというサイズ感です。

 

少し便利な使い方のアイデアとして、みじん切り器にラップを被せて蓋をすると蓋を洗わずに済みます。
みじん切り器にラップをしても問題なく動作しました。

みじん切り器にラップをしても問題なく動作

 

1500円ほどで買えてしまうので大変コスパのいい商品だと感じました。
みじん切り器はフードプロセッサーより安く、取り回しやすい、更に省スペースなので、フードプロセッサーよりハードルが低いですね。
フードプロセッサーとみじん切り器で迷っているなら、私はみじん切り器をオススメします。