Sonosのスピーカーを追加する場合の設定方法

Sonosのスピーカーを追加する場合の設定方法

Sonos 製のスピーカーを追加で購入した際の設定方法をまとめました。
この方法で追加するスピーカーは、Sonos One、Beam、PlayBase、Play 1、Play Base、IKEA Symfonisk などが対象です。
Sub の追加方法は以下の記事を参考にしてください。

Sonos 製のウーファとなる Sub を追加で購入した際の設定方法をまとめました。その他のスピーカーを追加する場合は、以下の記事を参考にしてください。設定の流れや注意...

設定の流れや注意事項は確認しおくと、躓くこと無く設定できるかと思います。

この記事では、例として One を追加設定を行っていますが、Sonos Beam や Sonos One の初期設定も同様の流れで行なえます。

 

設定の流れ

  1. スピーカーの追加
  2. スピーカーのアップデート
  3. 追加したスピーカーの名前を設定

1台目のスピーカーの場合は、「マイSonosアカウントの作成」や「Wi-Fi設定」を行う必要があるため以下の記事を参照して下さい。

Sonos 製のスピーカーを初めて購入した際の設定方法をまとめました。設定の流れや注意事項は確認しおくと、躓くこと無く設定できるかと思います。この記事では、PlayBar...

 

 

注意事項

設定は有線 LAN がおすすめ

Sonos は Wi-Fi があればワイヤレスで設定可能です。
ですが、我が家では Wi-Fi での初期設定がうまくいかず、Sonos スピーカーに LAN ケーブルを刺して設定を行いました。
設定が途中で失敗すると、Sonos がネットワークに繋がったと認識されているにも関わらず、Wi-Fi 経由でアクセスできないことがあるので LAN ケーブルを刺して設定する方がおすすめです。

また Sonos 製品を初めて自宅 NW に繋いだ際は、デバイスのアップデートが行われます
アップデートに関しても有線LAN の方が早く終わります。

設定完了後は Wi-Fi 経由で問題なく Sonos One の操作が出来ました。

 

環境準備

以下を事前に自宅の環境に準備しておくと良いでしょう。

  • 自宅 Wi-Fi(2.4GHz)
  • Wi-Fi と同一ネットワークの有線LAN
  • 電源タップ
  • 光デジタルケーブル対応テレビ(PlayBar のみ)
  • HDMI テー物対応(Beam のみ)

2.4GHz より新しい 5GHz の Wi-Fi には対応しないため注意して下さい。
2.4GHz は古い規格のため大体の Wi-Fi で対応していますが、無効にされていると使えません。

 

設定方法

  1. Sonos スピーカーに電源、光デジタルケーブル、HDMIケーブル、LANケーブルを接続する
    ※Beam は HDMIケーブル、PlayBarのみ光デジタルケーブルを使用します。
    ※LANケーブルではなく Wi-Fi 経由でも設定可能ですが、「注意事項」に記載した通り LAN ケーブルの利用がおすすめです。
  2. 自宅Wi-Fi に接続したスマホで Sonos アプリを起動する
  3. [詳細]-[設定] をタップ
    [詳細]-[設定] をタップ
  4. [スピーカーまたはSubの追加] をタップ
    [スピーカーまたはSubの追加] をタップ
  5. [続ける] をタップ
    [続ける] をタップ
  6. [続ける] をタップ
    [続ける] をタップ
  7. 同じネットワークに接続されているスピーカが検出されるため [このスピーカーをセットアップ] をタップ
    同じネットワークに接続されているスピーカが検出されるため [このスピーカーをセットアップ] をタップ
  8. アプリで指定されたスピーカーのボタンを押す
    ※我が家の Wi-Fi ではここでうまく設定できず LAN ケーブルで設定しました。
    ※有線LANケーブル接続や Android + Wi-Fi で設定している場合はこのままスピーカーが追加されます。
    アプリで指定されたスピーカーのボタンを押す アプリで指定されたスピーカーのボタンを押す
  9. 接続されるまで待機する
    接続されるまで待機する
  10. スピーカーが追加されたら [次へ] をタップ
    スピーカーが追加されたら [次へ] をタップ
  11. ネットワーク上の Sonos スピーカーが登録されると、アップデートを促されるため、[アップデート確認] をタップ
    ※Sonos One を Wi-Fi 環境でアップデートした場合何度やってもアップデートを促されました。
    ※LAN ケーブルで行ったところ 1度でアップデートが完了しました。
    ※可能であれば LAN ケーブルでの設定をおすすめします。
    ネットワーク上の Sonos スピーカーが登録されると、アップデートを促されるため、[アップデート確認] をタップ
  12. [アップデート] をタップ
    [アップデート] をタップ
  13. アップデートが完了するまで待機
    アップデートが完了するまで待機
  14. [続ける] をタップ
    [続ける] をタップ
  15. [次へ] をタップ
    [次へ] をタップ
  16. [続ける] をタップ
    [続ける] をタップ
  17. [今はしない]をタップ
    ※PlayBar、Beam、Play Base では表示されません。
    ※Sonos One、Play One、Symfonisk の中から 2セット目を追加する場合は [右サラウンドを追加] をタップします。
    ※サラウンドサードを構成する場合は、Sonos One、Play One、Symfonisk の中から 2つ用意する必要があります。
    [今はしない]をタップ
  18. [次へ] をタップ
    [次へ] をタップ
  19. [今はしない] をタップ
    [今はしない] をタップ
  20. 製品の登録が完了するまで待機
    製品の登録が完了するまで待機
  21. [完了] をタップ
    [完了] をタップ

スピーカー名の設定

スピーカーの名前を分かりやすいの名前に変更します。

使用する部屋、またはスピーカーとしての名前を入力するといいでしょう。
Alexa や Google Home と連携を考えている場合は、既存のスマートスピーカやデバイスと名前が被らないようにしましょう。
「リビング」や「テレビ」といった名称は、まず使われる名前なので別の名前がいいでしょう。

  1. [詳細]-[設定] をタップ
    [詳細]-[設定] をタップ
  2. [部屋の設定] をタップ
  3. 追加したスピーカーをタップ
  4. [部屋の名前] をタップ
  5. スピーカーに名前をつけて [OK] をタップ

 

まとめ

設定は Sonos アプリから直感的に行えるため、特に難しくはありません。

もし設定がうまく行かない方は、この記事でご紹介したように有線 LANケーブルを使用して Sonos を接続してみてください。
私はそれで設定を行うことが出来ました。
もちろん設定が完了してからは Wi-FI(無線LAN)だけで利用しています。

Sonos を設定する方は是非参考にしてみて下さい。